【2018台湾旅行】個人手配でいく台北1日目

投稿日:2018年6月7日 更新日:

【2018台湾旅行】個人手配でいく台北1日目

2018年5月のGWに、台湾旅行へ行ってきました。
こちらは1日目の旅行記事です。

参考【2018台湾旅行】個人手配で行く海外旅行の準備編

初めての関西国際空港、第2ターミナル

今回の台湾旅行はピーチを予約したため、初めて関西国際空港の第2ターミナルをつかいました。(ピーチは関西国際空港の第2ターミナルから発着してるよ!)

飛行機の予約をするときに「ギリギリまで台湾で遊びたい!」という思いから、早め&遅めの飛行機の便を予約したんですが…、旅行へ行くチョット前に気づいたんです。。。

 

にんまり
あれ?この時間だと、飛行機がチョット遅れたら終電ないやん…

 

LCCって結構遅れたりするんだってね…。

終電なくなったらタクシーで帰れるほど家も近くないし、次の日も予定があるので、関西国際空港まで車で行くことにしました。

(後々、この判断が自分たちを助けることになるとは…。)

関西国際空港の駐車場「P5」は、GWでも早朝5時代なら混雑していない

関西国際空港の駐車場は事前に予約することもできます。
ただ、第2ターミナルから近い「P5」は予約することができないので、予約せず行くことにしました。

結果、関西国際空港の駐車場「P5」はかなり空きがあり、入り口に近い場所に駐車することができました。

ただし、この日に関西国際空港に行った時間は早朝5時!!そして、「P5」以外の駐車場は結構早い段階で混雑していったので、GWなんかのハイシーズンは油断しない方が良いかも。

駐車場の混雑状況は、関西国際空港のサイトで見ることができるので、チェックしておくと安心ですよ↓

ピーチの「シンプルピーチ」で予約したため、荷物は全て「手荷物」として持っていく

ピーチは1番安い「シンプルピーチ」で予約しました。そのため「荷物も預けない」「座席指定もしない」で行くことに。

※シンプルピーチだと、荷物を預けるのも、座席指定をするのも(同行者と確実に隣の席にしたい場合の座席指定含む)追加料金がかかります。

結構、荷物の「身の回り品」で迷ったんですが、リュックとボストンバッグで全然行けましたー。


特にチェックもされなかったので、良かったー。

ピーチの座席は思ったより狭くない。けど台湾の飛行時間が限界かも…

ピーチの座席って結構狭いって聞いていたので結構不安だったんですが、思ったよりも狭いとは思わなかったです。

でも、台湾にいく飛行時間(約3時間)でギリギリかなぁー。。。

ちなみに、座席は同行者とは同じ並びの窓席と窓席で、隣同士にはなりませんでした。

台湾到着!

行きは遅れることもなく、順調に台北の桃園空港に到着しました。

空港内で、2人で5万円を両替

空港内で両替した方が良いとの情報に、チョット行列できてるお店でサクッと両替。

入国カードはオンラインで申請したので、楽ちん

初めての海外旅行で緊張し、質問に意味不明な返しをしてため息をつかれて以来、入国審査は苦手です。

今回、スムーズに入国審査をしたいとの思いで色々調べていたところ、台湾では入国カードをオンラインでできるとか。

通常だと機内で入国カードを渡されて書かないといけないんですが、家で落ち着いてできるのはありがたい。

さっそくオンラインで提出し、いざ当日。
カードを持っていない私を見ると、「オンライン?」と聞かれ「YES!」と答えるとあれよあれよと順調に終わりました。良かったぁー。。。

台湾入国申請ページ

 

まずは「悠遊カード」を購入して、台北駅に向かいます!

まずは台北駅に向かいます。

今回の旅行、台湾のMRT(地下鉄)をかなり使用することになるので、「悠遊(ゆうゆう)カード」を購入することにしました。

「悠遊カード」は事前にチャージするタイプのカードで(ICOCAみたいな感じ)、乗るたびに切符を購入する必要もないし、交通費も2割引きになるしで、嬉しいことしかない。

台北駅に到着

台北駅に到着。台北駅はなんか竹?のような植物があったりと、とてもキレイな駅です。

ホテルのある忠孝復興駅まで、乗り換えて向かいます。

「鼎泰豊」で小籠包を食べるために、SOGO復興館 B2Fへ

忠孝復興駅に着きました。
そのままホテルにチェックインするには早かったので、忠孝復興駅にあるSOGO復興館 B2Fの「鼎泰豊」でご飯を食べることにしました。
というか、お腹が空き過ぎて力がでなかった。。。

が、「鼎泰豊」の前には行列が…。やっぱり人気だよねー。

こちらのお店、受付のお姉さんのところにいくと番号札のようなものを渡してもらえます。番号が電光掲示板に表示されるので、それまで待ちましょう。

お店から小籠包を作っているところを見れます↓

わたしはお腹が空き過ぎて耐えられないので、小腹をみたすためにウロウロ。

「鼎泰豊」待ちの間に、フレッシュジュースで一息

同じ階にフレッシュジュスのお店があったので、こちらで小腹をみたすことにしました。おいしー。

いざ、「鼎泰豊」の小籠包の世界へ

番号が呼ばれたので、いざ台湾初のご飯になる「鼎泰豊」へ!

席につき、こちらの紙に注文する料理をチェックし、お店の人に渡します。

料理がきたー!

鶏肉の蒸したもの?だけ、チョット紹興酒の味がして苦手でしたが、それ以外は全部おいしかった!
小籠包もアッサリしてて、何個でもいける感じ。

宿泊するホテル「ホーム ホテル ダーアン」へチェックイン

そろそろホテルにチェックインします。
今回のホテルは「ホーム ホテル ダーアン」です。

1階にカフェも併設されていて、朝食はこちらでいただくみたいです。(今回は朝食なし)

エレベーターに乗って受付に向かいます。

こちらのホテル、予約はスタンダードのお部屋を予約していたんですが、無料でアップグレードしてもらいデラックスルームになりましたー!ありがたい!!

トイレとお風呂は別です。もちろんトイレペーパーも流せます。

ホテルのスタッフの方に日本語を話せる方もいます。日本語を話せなくても皆さん片言の英語や身振りで通じますし、スタッフの方、皆良い人ばっかりで、気持ちよく過ごせました。
ホテルが安心できないと結構辛いので、今回は本当に良かったです。

「ホーム ホテル ダーアン」近くのカフェで豆花を食べる

「鼎泰豊」で食べた量が多かったのか夜になってもお腹が好かなかったので、ホテル近くのカフェに行ってみました。

オシャレなインテリアのお店。台湾の豆花をいただきました。


かき氷のような食べ物で、フラッと入ったのに思いがけずおいしかった!(失礼)

次の日も早いので、今日は早めに眠りたいと思います。

- スポンサーリンク -

-2018台北旅行

Copyright© にんまりする毎日 , 2019 All Rights Reserved.