初めて受けた占星術の個人鑑定から自分の「適職」を探ってみたよ!

2020年4月22日

占星術から自分の適職を探ってみる!

占い、好きですか?
わたしは年末年始によくある「今年の運勢は〜」という無料のものは見たりしますが、それ意外は特別好きでも嫌いでもなく…。

ところが突然!こんなわたしが占星術に興味をいだき、個人鑑定を受けることにしたんです!

にんまり
いやー自分でもビックリ!!

今回、初めて受けた占星術の個人鑑定の体験をブログでご紹介しつつ、占星術から自分の「適職」が分かるのか?という点で記事にしたいと思います!

突然、思い立って占星術の個人鑑定を受けにいく

個人鑑定を受けたのは2019年。
それまで特に占星術に興味関心はなかったんですが…、ネットで偶然、占星術をされている方のブログを見つけたのが始まりです。

その方のブログの内容がおもしろく「ほほー、なるほど!」という感じで読んでいるうちに、

にんまり
占星術の個人鑑定を受けたい!!

となり、その方に依頼のメールをしていました。

ちなみに、わたしは行動する前に結構考えこんでしまう性格です。
そんなわたしが、今回の個人鑑定に申し込むまではカナリ早い決断だったので、自分でも少しビックリです(笑)

占星術は予想外に学問的だった!

占星術の個人鑑定の場所は、街なかにあるカフェでした。

事前に占星術で必要な生年月日などの情報と、特に聞きたいことをメールでお伝えしていたので、当日はその方が調べた結果を主に聞き、気になったところを質問するような形でした。

いやー、これがね、占星術って予想外に学問的でビックリしました!

そもそも、占星術とは何か?

そもそも占星術とはどういうものなのか?

よく雑誌とかに載っている「○○座のあなたの運勢は〜」っていうのありますよね。
その○○座って、自分が生まれた瞬間の天体配置図に、太陽がある場所が○○座だった、ということなんです。

自分が生まれた瞬間の天体配置図を「ホロスコープ」と言ったりします。
こんなのです↓↓

ホロスコープ

これを見ると、太陽意外にも、水星や金星や月や土星や〜っていろいろありますよね。
それ意外にも1〜12まで数字がふっている場所もあったりしますよね。

占星術って○○座だけじゃなく、複雑にからみあったいろんな要素を天体配置図から読み解く、ということなんです!
めっちゃ学問的じゃないですか??

しかも、生まれた瞬間だけでなく、現在の年齢まで進んだホロスコープなんかもあるので、もう本当に複雑!!
占星術できる人、すごいわぁー。

占星術の個人鑑定で必要な情報

占星術の個人鑑定を受けるときに必要な情報として、

  • 出生日・出生時間(母子手帳に記載の正確なもの)
  • 出生場所(市町村まで)

が必要でした。
上記の情報がなければ正確に読み取れないそうです。

占星術の個人鑑定を受けてみた感想

初めて占星術の個人鑑定を受けてみた感想を一言でいうと…、

ズバリわたしを言い当てられた!

という感じです。

鑑定を受ける前に聞きたいことを何個かメールで送ってはいたんですが、「どういった仕事が向いていますか?」レベルの質問で、特にこちらの情報をお伝えしてはいなかったんです。

それでも、鑑定結果を聞くと、

にんまり
まるで、わたしだ…

という内容で、ちょっとビックリしました(笑)

雑誌なんかに載っている「○○座のあなたは〜」という星占いは、個人鑑定に比べると読み解くレベルが全然違うな、とも感じました。

そもそも太陽星座1つから読み解いて個人を判断するのは、チョット無理があるのかもしれませんね…。

占星術から「適職」は分かるのか?

そして、今回のメインである占星術から自分の「適職」は分かるのか?という疑問。

結論を言うと、分かります!

今回の個人鑑定では、ホロスコープ全体から見た「今回の人生でわたしが経験したいこと」「わたし自身がどんな人間であるか」「得意なこと・苦手なこと」「使命」などなど… たくさんの項目を説明していただき、その過程でわたしの才能が開花しそうな職業はこんな感じですよ、と説明してくださいました。

この説明を聞いたとき、

にんまり
あー… やっぱりそうだったんだ…
わたし間違っていなかったんだな…

と内心感じていました。

というのも「適職」として説明されたカテゴリーの仕事について、昔から興味関心があったり、実際にその方面の仕事をしていたこともあったからです。

ただ、わたしはこの個人鑑定を受けるまで「適職」として説明されたカテゴリーの仕事は「自分にはむいていない」「才能がない」と自信をなくし、離れているところでした。

占星術をそもそも信じるのか?

占星術から自分の「適職」は分かるよ!と今回お伝えしていますが、それでも占いの結果を信じるなんて!という方もいると思います。

わたしは占星術についても、他の占いについても、信じるも信じないも個人の自由だと正直思っています。

納得できれば信じれば良いし、できなけれけば信じなくて良い。

ただ、その鑑定結果を知ったときの自分の感情は大切にしてほしいな、とも思っています。

鑑定結果を聞いたときに「え!やっぱりそうだったんだ!」と嬉しかったのか、「え、全然納得しないんだけど…」と不満に思うのか。

その感情には、本当は自分はこうしたい、という本心に近い感情が現れているんじゃないかな、とも思うからです。

その自分の感情を客観的に受け止め、なぜそう感じたのか、何だったら良かったのか、を深堀りすることで、自分はどうしたいのかが見えてくるはずです。

占星術を自分で行う方法とオススメ本

占星術の個人鑑定を受けてわたしは大満足な結果となりましたが、そこまでする勇気がない、お金をあまりかけたくない、という方もいると思います。

そんな方に占星術を自分で行う方法と、オススメ本をご紹介したいと思います!

step
1
自分のホロスコープを出す

まずは自分のホロスコープを出すところから始まります。
ホロスコープはネットの無料サイトで出せます!

Astrodienstの無料ホロスコープ
https://www.astro.com/horoscopes/ja

上記サイトにある「ホロスコープ各種チャート作成」の「出生図,上昇点(アセンダント)」をクリックします。

次のページでは、「ゲストユーザーさんへ」の「ここをクリックして〜」をクリックします

各項目を入力していきます。
名前は適当でOK!性別、誕生日、時、国、出生地を入力します

「続ける」をクリックすると、自分のホロスコープが作成されます。

ホロスコープ

step
2
本と照らし合わせてホロスコープを読み取る

自分のホロスコープが出せたら、本を見ながら読み解いていきます。

わたしが実際に購入して分かりやすかった本をご紹介します。

yujiさんという占星術師の方が2019年12月に出版した本です。

占星術ってとても奥が深くややこしいなぁーと感じることが多いんですが、こちらの本は内容をかいつまんで、とても分かりやすくまとめてくださっています。

こちらの本、ホロスコープを読み解く上でも大変分かりやすいんですが、わたしがもっともオススメしたい箇所は、前半。

少し話は変わりますが、占星術界では2018年〜2020年は大転換期の3年間と言われており、2020年の12月に新しい時代がスタートすると言われています。

今(2020年4月22日)、ニュースを見ても世界は混沌としていて、時代は変わりつつあると感じる方は多いんじゃないでしょうか。

本の前半ではそんな新しい時代に向けて、どのようにして価値観や考え方をアップデートするのか、星と時代の変化、新しい時代で活躍する人はどんな人なのか、について説明されています。

ここは個人的にとても重要な箇所だと感じたので、気になった方は是非読んでほしいです。

あ、あとyujiさんはブログも運営されており、ホロスコープの読み方についてもブログ内で説明されています↓↓

yujiの星読み語り
https://ameblo.jp/uenopasiri/

ただ、本の方が圧倒的に読みやすいので、初めて自分のホロスコープを読み解く方は本をオススメします!

にんまり
ちなみに占星術の個人鑑定を受けたのはyujiさんじゃないよー!
でもいつかyujiさんの個人鑑定も受けてみたいよー!

 

まとめ:占星術から「適職」は分かるけど、1番大事なのは自分の深堀りかも

今回、占星術の個人鑑定を受けた感想や、ホロスコープから「適職」が分かることをご紹介しました。

わたしは2019年から占星術に興味をもち、そこから個人で分かる範囲でちまちまと情報を集めていますが、今は本当に時代の変わり目にいるんだなぁーと実感しています。

占星術から見た時代の流れや、実際の世界の状況、働き方の変化などを見ても、本当にそう感じています。

「適職」というよりも、新しい時代にむけて自分はどうしたいのか、自分は何が好きで、どんな生きた方をしたいのか、などの自分の深堀りが1番大事かもしれません。

そんな自分の深堀りの1つのツールとして、占星術を使うのも良いんじゃないでしょうか?

占星術、難しいけど楽しいので、興味がある方は是非!!

- スポンサーリンク -

-仕事・働き方

© 2020 にんまりする毎日